スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
"みんなの海プロジェクト"
2014 / 07 / 05 ( Sat )
私たちの「子どもの未来を考える会・北杜」も微力ながらカンパをさせていただきました。
お金より大事なものを、守っていくことも私たち大人の役目です。

image.jpg

瀬戸内海に浮かぶハート形の島、祝島。

島民の9割が、人生を賭け世代を超えて、上関の原発計画を拒みつづけています。その闘いが、東電の原発事故後、今なお正念場です。

海は売っちょらん!

祝島の漁師さんは、中国電力からの10億8千万円の漁業補償金の受けとりを拒みつづけてきました。漁師さんの明確な意思表示です。このことが原発計画を止める切り札となってきました。けれど今、祝島の漁師さんが追いつめられています。

祝島支店の2013年度の赤字は約1,000万円。

高齢化•過疎化が進み、水揚げは減り、魚価は低迷。山口県漁協により作られた構造的な赤字も加わり、県漁協祝島支店(旧祝島漁協)の運営は破綻寸前です。数年前から、この赤字を組合員が個人で補填しています。年金をつぎ込み、組合員をつづける漁師さんが大半です。議決権のある正組合員の、少なくとも過半数の意思表示がなければ、補償金を拒めないからです。今年はついに個人での赤字負担が20万円近くになることがわかりました。支払い期限は7月の末日。もう祝島の漁師さんたちだけで背負うのは限界です。

祝島てどんなとこ???




スポンサーサイト
23 : 18 : 16 | 活動報告 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<広がれ!子どもが作る「お弁当の日」 | ホーム | ママ・パパの情報交換会&勉強会~Part3~>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://childhokuto.blog.fc2.com/tb.php/90-87a8d064
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。