選挙を終えて
2013 / 07 / 23 ( Tue )
棄権者が多く、政治に対して、「関心がない」「受け身」な方が多いことが残念。
脱原発票は投票数の約16%、残りの約84%が推原発票となり、今後いっきに再稼動が進みそうと懸念。
北杜市の「緑の党」への投票比率(2.75%)は、とても高いことが特徴的です。また、脱原発票も高いです。
私たちの地域の勢力図が見えてきます。北杜市の比率(緑の党2.75%)が全国レベルに展開されたとしても、今回緑の党は1議席獲得なるかならないかです。

福島の結果を分析すると、3.11以降、約17万人くらいは県外に避難しているようです。
(違っていたらおしえてください。)
この方達を除いた今回の結果は、脱原発比率は北杜市なみと高いのですが、
結果として、現在福島に住んでいる人は、「政府の方針を支持している」とみなす結果です。
(他県移住者は、約10万票脱原発票となみなした場合、その分は他県に分散していて、
もしこの票を福島県に入れたとしすると、約26.5%が脱原発票となります。)


今回の選挙結果を受けてますます、食の安心安全が強調されていくように思われます。
就農の人達は遺伝子組み換えや・農薬の事に力を入れ。
また、私たちは給食や食べ物に力を入れ。
まるで別の問題であるかのように考えてしまいがちですが、根本は同じです。
1部の人達だけが、豊かになるように知らず知らずのうちに私たちは誘導されています。
原発がダメだから太陽光などの自然エネルギーを推進、これも巧みに私たちは騙されています。

これからも、もっと沢山の真実を一緒に考え勉強をして
子どもの未来を考える会の名前に恥じぬように行動していきましょう。

スポンサーサイト
23 : 00 : 35 | その他の情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<誕生学講座 | ホーム | ネオニコチノイドと言う農薬をご存知でしょうか?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://childhokuto.blog.fc2.com/tb.php/36-d11ad471
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |