スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
低レベルの汚染食物を摂取し続けると・・・
2013 / 05 / 29 ( Wed )
以前、「子どもの未来を考える会・北杜」のチラシにも載せた記事ですが再度確認を。


【資料】放射性セシウムを1日10ベクレル摂り続けると700日で体内蓄積量は1400ベクレルを越える。

放射性セシウムを1日10ベクレル摂り続けると700日(約2年)で体内蓄積量は1400ベクレルを超える


 低線量被曝者の会共同代表で「低線量被曝の脅威」(J・マーティン・グールド著 緑風出版 2011年 )の訳者でもある、竹野内真理さんは、週刊金曜日10月14日号に「ベラルーシから フクシマへの警告 放射性セシウム内部被曝の真実」の論文を寄せています。この中で 竹野内さんはセシウム137を1日10ベクレル食物から摂取していくと、700日(ほぼ2年)で体内のセシウム137の濃度が1400ベクレルを超す、というグラフを紹介しています。これは放射線防護委員会(ICRP)が作ったグラフです。
 このグラフからわかるように、毎日10ベクレル取り続けていてもアウトです。毎日1ベクレル以下ならなんとかセーフかも?というレベルであることがわかります。
 学校給食は0ベクレル/㎏の食材を使うべきです。

eb79026d44fac85e0bcc75d96261c1c62.jpg


 そして、ベラルーシの医師スモルニコワ・バレンチナさんは講演で体内に蓄積したセシウム137は子どもの体重1kgあたり20~30ベクレル/kgから医学的対策が必要になり、体重1kgあたり50ベクレル/kgからは危機的状況になると言われています。

 これは体重15kgの子どもであれば、20×15=300ベクレルから医学的対策が必要
                  50×15=750ベクレルから危機的状況ということです。

d66c00cca96f3c8a1dc44217d6ec0e351.jpg



スポンサーサイト
20 : 54 : 55 | 放射能情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<はじめのいっぽパレードVol9 | ホーム | お茶会>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://childhokuto.blog.fc2.com/tb.php/30-4b2456f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。