スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
保育園給食の放射性物質への対応(2013/1/17)
2013 / 01 / 17 ( Thu )
北杜市立の保育園の給食における、放射性物質への対応について、電話で聞きました
(2013年1月現在の情報です)


1)使用を見合わせる・再開する基準について

県の給食食材放射性物質検査で、微量でも放射性物質が検出された食材については、同じ産地のものは使用を見合わせるとのことでした。
その後、同検査のデータで何回か不検出の結果が続けば、使用を再開しているとのことでした。
園によって、その食材自体を使わない、業者さんに他の産地のものを仕入れてもらうなど、対応は一律ではないそうです。

市のHP(保育園については「やまねっと」の「お知らせ」欄に結果報告があります)に、そういった細かい対応まで載せてほしいと要望してみましたが、品目数が多く、園によっても対応が違うので、どこまで載せるべきか思案中とのことでした。

松本市のように、市としての「考え方」をHPに載せてくれると、安心感がありますとお伝えしておきました。



2)放射性物質検査品目の選定について

産地と品目を予め指定することは難しいとのことです。
理由は、当日業者さんが市場等へ行ってみないと、どこの産地の食材が手に入るかがわからないからだそうです。検査に必要な2.5kg+給食での使用量を同じロットで確保できなければならないので、想定していた産地のものが必要量仕入れられるとは限らないという事情があります。
一部、乾物など保存の利くものは、予め仕入れておいてもらって検査にまわしているとのことでした。

麦類(麦茶や小麦粉など)など、園児が摂取する頻度や量の多い食材は優先的に検査してほしいとお願いしておきました。

保育園で使われているはくばくの麦茶から放射性物質が検出されているということはご存じなかったようです。


ちなみに、県の検査では牛乳が対象とならないので、牛乳に関してはメーカー任せの状況です。
50Bq/kgまではOKということかと思います。
市としては、乳製品などを積極的に検査にまわして対応しているとのことでした。



3)検査証明の添付の義務化について

産地や品目によって、業者さんに検査証明を添付するよう義務づけることは、難しいとのことでした。
市が、その都度産地に問い合わせて取り寄せることは可能かもしれないが、かなりの品目数・産地数になるので難しいと思われます。
肉類などはメーカー側で検査をしているので、可能かもしれません。


以上
対応してくださった担当の方は、とても親身に話を聞き、こちらの質問に答えてくださいました。
お忙しい中、どうもありがとうございます。

担当の方が、こまめに県の検査結果を見て対応してくださっているようなので、少し安心しました。
ですが、各園で、本当に対応が徹底されているかは、園長先生や給食担当の先生の意識、業者さんの
意識によるところも大きいので、改めてチェックが必要なのかもしれません。

私たち保護者も、こまめに県や市のHPで検査結果をチェックして、どのように対応しているのか園に問い合わせるなど、小さい声を上げていきましょう!
スポンサーサイト
15 : 32 : 59 | 北杜市の給食情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<保育園給食の放射性物質・その他への対応(2013/1/29) | ホーム |
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://childhokuto.blog.fc2.com/tb.php/19-0247e19f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。