「大人も子供も議論しよう!」
2017 / 07 / 25 ( Tue )


「大人も子供も議論しよう!」

日時 8月13日(日) Am10:00~12:30
場所 高根図書館 階段を上がった部屋!

持ち物・筆記用具 こっそり飲み物?

4年生~中学制を対処に考えていますが、限定ではなく
参加したい方はお気軽にどうぞ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
大人の方も子供たちの脇で議論しましょう!!
 夏休みの提案なのですが、私事ですが20年以上小中学生のスポーツでのコーチをしていて、
日本の子供たちは「敏感に社会の雰囲気やその場の空気を読む感覚は敏感でナーバス」なのに
「自分が思っていたり考えていること相手に論理的に伝える」または「他者が何を言わんとするかを
正確に聞き取る」ことに関しては、その力量が残念ながら乏しいと感じてきました。

 そこで、もし可能であれば小学校4年生ぐらいから中学生くらいまでの方を中心とした
議論会を夏休みに2回くらい開けないかと考えています。

 大げさではなく5~6人程度集まればOK、もちろん多ければなおOK!

親御さんの参加もOKです!が・・・お子さんの議論には参加せず(進行はサポ-トします!)大人同士の議論を並行して行うか、あくまでオブザーバー的
存在としての参加になります。

 本来はテーマも参加者の発案が良いのですが、時間的に厳しくなるので・・
初回は実験的に「大人って?子供って?」「普通ってな~に?」「平等・公正・公平はあり得るの?」
など、ちょっと哲学的な内容に参加者が話し合い、最後にプレゼンテーションして終わる形を想定しています。
(詳しくは、長くなってしまうので、ここでは省きますが、簡単に言えば北欧型の議論形式・発表形式を基に、
行いたいと考えています。)

 ここで大切なのはなぜ討論でなく議論なのか?
ようやく文科省もアクティブラーニングなどと銘打って生徒自ら思考し発表するスタイルの授業を
無理に押し込み?そんな授業が始まりますが、アメリカ型を代表とするディべート(討論)では、自分の論理の正当性を
示し、いかに相手より優位に自分の理屈を通すかが重視されます・・・・これでは、今起こっている世界の
状況は何一つ改善しません。

 北欧では基本的に、討論ではなく議論、つまり相手の立場や主張をしっかり受け止め、自己の主張を
論理的に説明しつつ、折り合わない箇所は共に考え、うまくいかなければまた考え話し合う、このような
プロセスをベースに進めるため、より多方面に感受性と共感力や未来への想像力が必要になり、また複雑な内容を
論理的に分かりやすく相手に伝える力が求められます。(北欧がベスト!などと考えていませんが、一つの方法として
見習うに価値ある教育がなされていると感じています!)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
スポンサーサイト
21 : 19 : 36 | イベント情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 7月お茶会>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://childhokuto.blog.fc2.com/tb.php/152-8cbb70f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |