スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
”小さき声のカノン”
2015 / 10 / 31 ( Sat )
「小さき声のカノン」上映会詳細が決まりました。
一人でも多くの方に観て頂きたくて11月22日は3回上映することになりました。
ご都合のよい時間にぜひ観に来てください。

須玉ふれあい館には親子室があります。

**************************

日程:2015年11月22日㈰
場所:須玉ふれあい館ホール
主催:生活クラブ生協山梨
チケット:前売り大人1000円、当日券1200円 高校生以下無料

【チケット取扱店】
・清文堂(本店&きらら店)
・バックハウスインノ
・ショップまちこぶ
・ジャムクラフトとりはた
・蔵屋グリーンズ
・くじらぐも
・びーはっぴい
・ぶーこっこ
・我楽舎
・笹屋商店
・おっぽに亭こっこ

上映時間:

1回目上映
10:00~12:00 
(12:00~12:30 シェア会)

2回目上映
13:30~15:30
(15:30~16:30 シェア会&パネルトーク)
※パネルトーク出演予定団体
@子どもの未来を考える会・北杜(チャイルドほくと)
@食を守るママの会 in 山梨
@4月3日のひろば
@いのちむすびば

3回目上映
17:30~19:30


福島原発事故から4年半、福島のお母さん達は目に見えない放射能から今でも子どもたちを守るために毎日必死に生きています。非難したいけど出来ない、彼女たちの苦悩と葛藤が語られます。「どうしてもっと安全な場所に避難しないの?」なんて問いかけが一番辛いと、ある福島のお母さんが言っていました。
来年は事故から30年、チェルノブイリ原発事故の影響を受けたベラルーシのお母さん達も登場し、事故当時を、そして今家族はどうしているのかを話してくれます。
チャイルドほくとのメンバーには福島や関東近辺から非難されてきたご家族が多くいらっしゃると思います。映画を観て共感できる部分があるのではないでしょうか。
それぞれの立場で、いま自分達には一体何ができるのか考えてもらえたら嬉しいです。
1,2回目の上映後はそんな皆さんの想いを共有できたらと、小さなシェア会を予定しています。
又、2回目上映後のパネルトークにはそれぞれの団体から1~2名出演し、放射能に関する活動や個人の体験談などを話して頂きます。
「子どもの未来を考える会・北杜(チャイルドほくと)」からは東京から避難してきた大泉町の林さんが出演予定です。

「食を守るママの会 in 山梨」
子どもたちに安全な食と暮らしをと願うママたちが集まりました。
https://www.facebook.com/anzenmama

「4月3日のひろば」
毎年保養キャンプをされています。今年の夏は白州・武川でたくさんの子供たちが元気に遊ぶ姿が見れました。
http://space43.blog.fc2.com/blog-category-3.html

「いのちむすびば」
事故後、福島やその周辺から移住された方と地元山梨県の方が繋がり活動をされています。
移住のお手伝い・保養もされているそうです。
http://inochimusubiba.blog.fc2.com/blog-entry-16.html


一般メディアでは報道されない福島県のお母さん達の生の声をきいてください。
一人でも多くの方に観て頂きたいと思っています。
どうぞよろしくお願いします。



12140838_1671168906495153_5169125747475648560_n.jpg



スポンサーサイト
20 : 18 : 24 | イベント情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<定例お茶会 | ホーム | お茶会&イベントのお知らせ。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://childhokuto.blog.fc2.com/tb.php/116-2b2f2a16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。