スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
2/7(火)、議員さんに会ってみよう!第1弾が開催されました。
2017 / 02 / 16 ( Thu )


今週末18日(土)は
第2弾“参議院議員 宮沢ゆかさんを囲んで”を予定しています!!

今度は、国政や国会議員さんを身近に感じられる機会となると思い
ます。子どもの参加状況によっては、手遊びなども交えて、かしこ
まらずにお話しする場にしたいと考えていますので、ぜひ、気軽に
お子様づれでご参加ください!

2/7(火)、議員さんに会ってみよう!第1弾が開催されました。

この日は北杜市議会議員の栗谷真吾さん、野中真理子さんにご協力
いただきました。
参加者は30名+スタッフ7名でした。

-----------------------------------------------------------
前半は、

・市議選初挑戦の記録

・地方議会のしくみ
・議員の活動
・議会について
・会派の構成
・議員・市長の報酬
・明日から出来ること


などを栗谷さんが、プロジェクターを使用してわかりやすくレクチ
ャーしてくれました。
レクチャー後は参加者からの質問に栗谷さんや野中さんらが答えて
くれました(議員経験者の方も参加・助言をしてくれました)。

(以下抜粋)
・議員の給料は妥当だと思うか
・議員をやりながら他の仕事をしている人はいるのか
→禁止されていないので、兼業の人はいる。
・議員の仕事と他の仕事や家事・育児はバランスとれるのか
・みんなが議会を見られるようにするには
→中継されるように請願が出ている。韮崎市はすでにネット中継が
実施されている。
  ただ、生の議会を見ることは、色々な意見に対する議員の態度
対応を、テレビに映らない所まで見る事が出来たり、積極的に活動
されている人とそうでない人が分かったりして大変勉強になるので、
ぜひ足を運んでほしい。
・議会の日時はどこで知るのか
→ブログ・議会だより・ 北杜市のHP
・子供がいて傍聴に行けないのだが、1ヵ月後に放映されるテレビ
だと、タイムラグがあるので、デメリットがあるのか?
→日々進行していることなので、議会で決まったことは進んでしま
うが、時間が経ったからその意見は聞けない、などのことはない。
・子連れで傍聴できるか
→児童及び乳幼児は、傍聴席に入ることができない。ただし、議長
の許可を得た場合は、この限りでない。
  参加者議会に託児所がある自治体もある。市役所本庁舎入口の
テレビで生中継している。そばにプレイスペースもある。
親子室などの設置も考えられるが、お金がかかることなので、
毎回利用者がいるようでないと難しい。
・ろうあの方が傍聴したい場合は通訳が付くのか
→前もって連絡しておけば大丈夫だと思う

などといった質問が出てきました。



後半の座談会では地域委員会のことを中心に、私たちが出来る事な
どについて意見交換が時間いっぱい繰り広げられました。

(以下抜粋)
・地域住民で構成される地域委員会とは、本来は住民の意見を吸い
上げ市政に訴える大きな権利を持つ機関である(添付資料参照:参
加者の方からの提供資料より抜粋)が、現在は単なるイベントやボ
ランティアを仕切る会になっているので。ぜひ本来の役割を果たせ
るよう活用してほしい
・何人か同じ意見の人が地域委員になって主張し続ければ少しずつ
変わっていくかもしれない。
・地域委員になって、「なぜ、地域委員会は条例通りの本来の役割
を果たしていないのか」という素朴な疑問を、とにかくたくさん発
信する
・地域委員会を条例通り運営するように請願書を出す

などの意見が出ました。


以下は今回の時間を通して出てきた”私たちに出来ること”です。


・広報や議会だよりを読む
・情報をSNSなどで発信する

・議会の傍聴に行く
・市長に手紙を出す
・自分なりに北杜市の未来像を描く
・議員に会ってみる
・地域委員会に入る
・選挙に立候補する
・パブリックコメントを出す
・市民の声を聞く場を設ける
・会派で、意見交換会を開く


以上、盛りだくさんの2時間半となりました。

------------------------------------------------------------

栗谷さんたちの親しみやすい人柄や、分かりやすいレクチャーで、
参加者の皆さまが、議会のこと、市政のこと、少しでも身近に感じ
られるようになったら嬉しいです。
また、既に市政に詳しい先輩参加者の方々のアドバイスも頂き、子
育て中のママたちも市政に参加していく勇気をもらえたのではない
でしょうか。

おいしいコーヒーとお茶を入れてくださった、くらまな倶楽部の皆
さま、豪華なおやつを差し入れてくださった皆さま、ありがとうご
ざいました。おいしいものは人の心をつなげてくれますね。

また、今回は聴覚障害の方のための手話通訳を実現することができ、
参加者の皆さまからも、たくさんの通訳費カンパを頂きました。
重ねて御礼申し上げます。

今回、アンケートなどをとることができませんでしたが、参加者の
皆さまから感想やご意見、今後の活動への要望などいただけたら嬉
しいです。下記アドレスまで、よろしくお願いします。
child.hkt@gmail.com


以下は栗谷真吾さんのブログです。
こちらもぜひ日々の参考にしてみてください。
http://enza100000.blogspot.jp/

DSC_2061.jpg

DSC_2063.jpg










スポンサーサイト
20 : 56 : 25 | 活動報告 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
福島を知る 鑑賞会
2017 / 02 / 13 ( Mon )
福島を知る“観賞会”に多くの方に参加いただきありがとうございました。

福島で復興を願い活動してる方、(塾の講師・農家の方・産婦人科の医師・行方不明の息子を捜索するお父さん)
を取材した番組を、みなさんで鑑賞し否定や批判することなく、福島の現状を理解した上で、
私たちに何ができるかを考える機会になりました。

最後に鑑賞した津波で行方不明になった息子を、今も探し続けている,お父さんの言葉が
私たちに一番大切ではないかと思います。

「生きているからできることがある。
生きている人しかできないことを続けていきたい。」




16587023_1279928658760869_4309621525577928071_o.jpg
20 : 37 : 40 | 活動報告 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
福島の”今”を知る
2017 / 02 / 02 ( Thu )


☆ミニ上映会☆

福島の復興を目指し活動している人たちが、どんな思いであきらめることなく活動しているのかを、個々の主人公を中心に30分番組として福島放送局でテレメンタリ―して放映された番組のDVD3本~4本を、知人より観て欲しいと貸していただき、拝見しました。

私だけが知るだけではもったいないと思い、
今回、ミニ上映会を開きます。
子ども未来を考える会・北杜(チャイルドほくと)の特別企画として開きます。

大泉総合会館2F 会議室4
2月11日(土)
午後1時15分~終了4時ごろ

2013年 塾の女性講師を取材した     “心の隙間を埋めて”
2014年 農家の方を取材した       “避難区域の開拓者”
2015年 南相馬の産婦人科医師を取材した “南相馬4年間の記録”

3本上映後にシェアする時間を30分ぐらい。

まだ、お時間が許す方には、
2013年 津波により行方不明となった息子を探し続けている                
“福島3年目の捜索”

番組では、放射能に対する危険よりも放射能は自然界にも存在しているので心配することはない、との説明があったり。
少し疑問に思う部分もありますが、福島に残る選択をした人たちがどのように考えて、現実を受け止めて、この先につなげて行こうと考えているのかなどを、理解するきっかけになったら嬉しく思います。
参加費は無料ですが、会場費代として10円ほどカンパをいただけたら会の負担が少なくなり嬉しいです。

多くの方のご参加をお待ちしています!

問い合わせ 野々村誠司 090-9670-7549







GetAttachment_20150622222833363.jpg
18 : 12 : 00 | イベント情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。