広がれ!子どもが作る「お弁当の日」
2014 / 07 / 23 ( Wed )
昨年、12月に須玉ふれあい館ホールでおこなわれた。
竹下和男氏の講演会「台所で子育てが深まる方法」~大人が子どもにのこしてあげられるもの~
講演会後に、お母さん・お父さんと子どもが台所に立つ嬉しいお知らせを、たくさんいただきました。

なんとか北杜・山梨全県に広がれ!と地道にがんばってやり続け、
子どもが作る「お弁当の日」が歩きだしています。

高根東小学校の4年生で、今年度一年間「弁当の日」に取り組むことになりました。

年数回ある弁当持参の日を使って、「おかずを詰める」ところから、
「親子で作ってみる」「おにぎりを握ってみる」など、子どもの意
欲や家庭の状況に応じて参加していただいています。

第1回の6月の「弁当の日」には、24人中17名以上の子どもが何かし
らの形でお弁当づくりに関わってくれました!

兄弟関係で、1年生の子もおにぎりを作ってきたりと、他の学年に
も広がりを見せています。

7月15日にその一貫として、学年PTA親子研修会で「親子で弁当
づくり」を開催しました。

子どもたち主体で献立から考えたお弁当を作り、親子で昼食会をし
ました。食材には地元産の野菜や卵、果物、県産のお肉を使い、地
産地消や旬を大切にすることにも力を入れました。

その時の様子を、週刊ほくとニュースにまで取り上げられるなんて(泣)。

7月19日(土)~25日(金)
放送時間:午前8時~8時30分 午後0時30分~1時
 午後5時~5時30分 午後10時30分~11時
放送チャンネル:10チャンネル

エフエム八ヶ岳さんのフェイスブックとツイッターでも紹介していただける予定です。

先日、発行された「まちこぶ瓦版」2014年夏号にも会の紹介並び
竹下氏の講演会、記事が掲載されました。

数年後には、山梨全県で「お弁当の日」が学校の食育としてある。
そんな先が見えます。


まちこぶ

スポンサーサイト
22 : 41 : 09 | 活動報告 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
"みんなの海プロジェクト"
2014 / 07 / 05 ( Sat )
私たちの「子どもの未来を考える会・北杜」も微力ながらカンパをさせていただきました。
お金より大事なものを、守っていくことも私たち大人の役目です。

image.jpg

瀬戸内海に浮かぶハート形の島、祝島。

島民の9割が、人生を賭け世代を超えて、上関の原発計画を拒みつづけています。その闘いが、東電の原発事故後、今なお正念場です。

海は売っちょらん!

祝島の漁師さんは、中国電力からの10億8千万円の漁業補償金の受けとりを拒みつづけてきました。漁師さんの明確な意思表示です。このことが原発計画を止める切り札となってきました。けれど今、祝島の漁師さんが追いつめられています。

祝島支店の2013年度の赤字は約1,000万円。

高齢化•過疎化が進み、水揚げは減り、魚価は低迷。山口県漁協により作られた構造的な赤字も加わり、県漁協祝島支店(旧祝島漁協)の運営は破綻寸前です。数年前から、この赤字を組合員が個人で補填しています。年金をつぎ込み、組合員をつづける漁師さんが大半です。議決権のある正組合員の、少なくとも過半数の意思表示がなければ、補償金を拒めないからです。今年はついに個人での赤字負担が20万円近くになることがわかりました。支払い期限は7月の末日。もう祝島の漁師さんたちだけで背負うのは限界です。

祝島てどんなとこ???




23 : 18 : 16 | 活動報告 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ママ・パパの情報交換会&勉強会~Part3~
2014 / 07 / 02 ( Wed )
20140715情報交換会
ママ・パパの情報交換会&勉強会~Part3~ ママパパ以外も大歓迎!
(放射能について話そう)

今回は、京都大学大学院に在籍しながら
チェルノブイリ・JOC東海村の臨界事故で放射能調査をされて、
現在は東北各地の被曝線量を計測する活動をされている。
河野益近先生を囲んで、お茶会形式で開催します。

日時:7月15日(火)10:30~14:30くらい
   途中、お昼を食べながら(飲み物・昼食はご持参ください)
場所:長坂農村環境改善センター1F和室

参加費無料・子ども連れ歓迎・申し込み不要・途中参加もOK.

”チャイルドほくと”の有志で行った
子ども・大人の尿検査結果も報告します。

お問い合わせ:090-3538-1414(とくなが)
        
みなさまの、ご参加をお待ちしています!







22 : 30 : 50 | イベント情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |