7月お茶会
2017 / 07 / 24 ( Mon )
さて、7月12日(水)に高根図書館にて、今年度2回目の茶話会を行
ないました。

子ども含めて14名の参加で、
ドキュメンタリー映画「こんばんは」を鑑賞後、
映画の感想、夜間中学について、教育について、公立小中学校につ
いてなど意見交換し、“思い”を共有する時間を持ちました。

参加者の感想や“思い”の一部を下記に紹介します。
-----------------------------------------------------------
■感想

・夜間中学の存在を知らなかった。
・こうした学びの場の必要性を強く感じた。
・増えてほしいが、現在は全国で35校→31校に減っている。
・大都市に集中し、山梨県には無い。
・読み書き出来ることの重要さを感じた
・この地域はどうなんだろうかと思わずにはいられなかった
・あたりまえに勉強できるありがたさを感じた。
・移動教室に行った生徒の感想を聞いて、こうした経験ができるの
は学校以外には無いなと気づいた。
・親以外と会話できなくなった男の子の笑顔が心に残った。
・学校の本来のあり方だと思った。
・教育のあり方について考えるきっかけになる映画だと思った。
・教えてもらうのではなく、自分で知っていくのが教育と感じた。
・子どもを温かく見守り、「待つ」ことの大切さを感じた。
・学ぶことは本来「喜び」。新しいことを知ることは嬉しいことと
感じた。今の子どもたちが学校で喜びを感じられなかったら残念。
・映画の中で見城先生が「教育は生活に根ざした、生きる根底にな
るもの」「学びが生きる力となる」「人生の土台になる」という言
葉が心に残った。
・映画の最後のシーン「学校は○○なところ」が今の学校にあては
まるか、ひとつひとつ確かめてみたい。
・映画の製作は15年前。
・ドキュメンタリーと云えど、監督の意図で編集されているため、
報道映像以上に事実関係を注意して理解しておく必要がありそう‼


■学校や子どもたちの現状

・子どもたちが自分で自分の自由を縛る習性がある。
・学校では子どもたちが監視し合っている場面もある。
・中学には人権侵害と思えるような校則があり、子どもたちは自分
らしさを制限されている。上下関係や競争もあり、不登校の原因と
もなる。
・自分の言葉で表現できない子が多い。
・不登校の子どもは、子ども同士より先生とのトラブルが多い。
・受験生は他に学べることをシャットダウンして受験に突き進んで
いる。
・今の学校は似たような子が集まるシステムになっている。
・峡北地域は昔貧しく、教育に力を入れてきた。
・今は、北杜市は財政難で教育費が多いとはいえない。


■何が必要か、私たちに何ができるか

・学校に行けてない子どもは今どうしているのか。
どうやって手を差し伸べればよいのか?
・不登校の子が出ないように学校が変わらなければいけない。
・自分らしく過ごせ、居場所を見つけられる学校であってほしい。
・学校の方針は尊重しつつ、「我が家の方針」を理解してもらうこ
ともできる。
・自分の持っているものを自由に出せる、体験できる場が必要。
・みんなが(子どもも高齢者も)自分の存在価値を見つけられる場
所が必要。世界を広げ、自分を見つめられる場所で自分を取り戻し、
自分も他者も受け入れられるようになる。
・(夜間中学のようなことを)学校でできなければ地域でやる。
・学びの場の選択肢があるとよい。
・スポーツ指導の場を利用して子どもたちに議論する場を作ってい
る。
・不登校の人が集まる山村留学では様々な人がいて学んだことが多
かった。気持ちが潤った。
・全部の中学に夜間中学があり、継続的に交流があれば、普通の中
学生にとっても社会勉強になる。
・不登校の子を受け入れる場所も必要だが、戻れる場所も必要。
・学校をもっとオープンにして地域の人が関われるようにしたい。
・自分の子どもだけよければ、ではなく他の子の教育も大切。
・親が子どもの学校へ行って先生を手伝うこともできるかも。
・圧倒的多数の子どもたちは公立学校に通っているので、やはり公
立学校を切り口に、何かできないか。
・子どもたちの教育の責任は大人たちにあるので、まず大人を教育
することから始めなければ駄目。(タダゼミでも、私は講師たちの
改善に取り組んでいるが、大人たちは自分に問題はないと思い込ん
でいる‼)

【タダゼミ】
・県内数箇所で無料の学習支援をしている。
・不登校の子が来る。学校の先生から紹介が来ることもある。
・タダゼミは学校をサポートできるのか?
・大人にもタダゼミをやってほしい。
【まあるい学校】
・「積極的不登校」の子を受け入れている。
・子どもたちがやりたいことを大人がサポートしている。
【コミュニティースクール】
・泉小はコミュニティースクールの取組みが始まっている。
・全国で2000校。富士川町では成功事例がある。
・もともと学校を地域の関わりはあったが、さらに大きくするとい
うもの。
・前任の校長先生の思いで誘致。
・知識も経験もない人たちで考えるのでやり方が分からない。
・7月20日(木)15:30~17:00泉小学校図書室にて
「学校運営協議会」傍聴可能(要連絡18日まで)
https://izumi-city-hokuto.jimdo.com/%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%8B%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%AB/


------------------------------------------------------------
映画の感想から、課題と具体的なアクションまで、限られた時間で
濃~いお話ができたと思います。
参加者の皆さま、ありがとうございました。

また、今回時間の都合などで来られなかった皆様!
タダゼミの学正さんのご好意で、「こんばんは」DVDを貸してくだ
さるそうなので、見てみたい!、一度見たけどもう一度みたい!!
という方は、学正さんまでご連絡ください。
gakushoo@hotmail.com
※現在貸し出し中ですので、8月以降となる見込みです。



チャイルドホクト
スポンサーサイト
19 : 37 : 59 | 活動報告 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
議員さんに会ってみよう!第2弾 宮沢ゆかさんを囲んで
2017 / 03 / 04 ( Sat )
2/18(土)に、「議員さんに会ってみよう!第2弾 宮沢ゆかさんを囲んで」が開催されました。参加者はスタッフあわせて24名でした。
以下に内容の一部を報告します。

まず最初に、宮沢ゆかさんに30分ほどお話していただきました。
選挙に出た経緯、選挙での体験、国会議員としての毎日、これまでにした質問、政党又は参議院内での役割(所属委員会など)、衆議院と参議院の違い、ウズベキスタン視察報告などについて、わかりやすい言葉でいきいきとお話いただきました。(資料「ゆかタイムス創刊号」)

その後の質問タイムでは、 以下のような質問が参加者から投げかけられました。(※一部抜粋)
・参議院議員になるには?
・国民の一部しか賛成していない議案が通っていく。少数意見を聞くべきかどうかについてどう思うか?
・やりがいを感じることは?
・省庁の役人と国会議員と、どちらが国を動かしているか?
・宮沢さんを身近に感じられ、感動した。応援したいがどんなことができるか?
・子育てや家庭との両立はどうしているか?
・自分の分からないことをどうやって決断するか。どう折り合いをつけるか?
・議員の中には世襲だったり、だれかの後継者としての方向性がるなど、政治家同士のつながりを重視するか?
・多数決についてどう思うか?
・議員の給与は?
・楽しいですか?
これらの質 問に真摯に答えていただきました。
また、中部横断道のこと、教育機会確保法のこと、子供の貧困のことなど参加者から宮沢ゆかさんへと伝えられました。

宮沢ゆかさんからは、「私たちにできること」ということでメッセージをいただきました(以下概要)。
・思ったこと、考えたことを言葉や文字にしてみる。何が不安なのか、何が問題なのかを人に伝え、どう思うか聞いてみる。近所のおばちゃんでも、若い人でも良い。そしてみんなで考える。そこから、一歩踏み出す。紙に書いて配ったり、共感した人が集まったりといった小さな行動でいい。会が大きくなって考え方が違ってくれば分かれればいい。自分の考えを貫けば よい。でも耳は開いておく。大切なのはこわがらないこと。"Dream big Baby step" 1分間スピーチなどで話す練習を。

宮沢ゆかさんがお帰りの後は、参加者から感想・ご意見を発表していただきました。(※一部抜粋)
・国会議員さんと会ったのは初めて。愛のある方と感じた。頑張ってほしい。
・多数決について話ができ、少数の意見を聞く必要があるとの考えを聞けてよかった。有意義な会でした。
・宮沢さんに会ったのは初めて。小さな一歩ならできるかなと思うので、私たちができることを小さくしてくれたことが嬉しかった。
・宮沢さんが身近になっていくのを感じた。国会の悪しき習慣に染まってほしくない。
・初めてお会いしたが、すばらしい方で、7月の選挙の時の1票が無駄ではなかったと感じた。
・宮沢さんも子育てが大変だったというところから始 まったといったお話から人柄がわかった。いい人が議員になってよかった。
・初めてお会いして、良い体験になった。
・直接会うことで議員さんを身近に感じられる。何かヒントをもらった気がする。
・こうした議員さんが身近にいてくれるのがありがたい。女性議員が増えると嬉しい。

参加者の方からはアンケートで他にもたくさんの感想・ご意見をいただいています。
後日、報告させていただきたいと思います。

約2時間半ほどの会でしたが、なごやかなムードの中、とても有意義な時間を過ごせました。多くの方が政治を身近に感じてくれた時間になったと思います。
ぜひ、今後も続けていきたいと思いますので、皆様の参加・協力お願い致 します。ご意見もお待ちしています。
3/15(水)は第3弾として北杜市議会の傍聴ツアーを予定しています。傍聴がはじめての人ばかりです。ぜひ、一緒に傍聴デビューしましょう!^^
詳細は近日お知らせします。



16649009_1252289554861901_2342530258441713073_n.jpg


16899945_1774294442899170_1136788825_n.jpg

16901785_1774293949565886_578537322_n.jpg

18 : 14 : 16 | 活動報告 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
2/7(火)、議員さんに会ってみよう!第1弾が開催されました。
2017 / 02 / 16 ( Thu )


今週末18日(土)は
第2弾“参議院議員 宮沢ゆかさんを囲んで”を予定しています!!

今度は、国政や国会議員さんを身近に感じられる機会となると思い
ます。子どもの参加状況によっては、手遊びなども交えて、かしこ
まらずにお話しする場にしたいと考えていますので、ぜひ、気軽に
お子様づれでご参加ください!

2/7(火)、議員さんに会ってみよう!第1弾が開催されました。

この日は北杜市議会議員の栗谷真吾さん、野中真理子さんにご協力
いただきました。
参加者は30名+スタッフ7名でした。

-----------------------------------------------------------
前半は、

・市議選初挑戦の記録

・地方議会のしくみ
・議員の活動
・議会について
・会派の構成
・議員・市長の報酬
・明日から出来ること


などを栗谷さんが、プロジェクターを使用してわかりやすくレクチ
ャーしてくれました。
レクチャー後は参加者からの質問に栗谷さんや野中さんらが答えて
くれました(議員経験者の方も参加・助言をしてくれました)。

(以下抜粋)
・議員の給料は妥当だと思うか
・議員をやりながら他の仕事をしている人はいるのか
→禁止されていないので、兼業の人はいる。
・議員の仕事と他の仕事や家事・育児はバランスとれるのか
・みんなが議会を見られるようにするには
→中継されるように請願が出ている。韮崎市はすでにネット中継が
実施されている。
  ただ、生の議会を見ることは、色々な意見に対する議員の態度
対応を、テレビに映らない所まで見る事が出来たり、積極的に活動
されている人とそうでない人が分かったりして大変勉強になるので、
ぜひ足を運んでほしい。
・議会の日時はどこで知るのか
→ブログ・議会だより・ 北杜市のHP
・子供がいて傍聴に行けないのだが、1ヵ月後に放映されるテレビ
だと、タイムラグがあるので、デメリットがあるのか?
→日々進行していることなので、議会で決まったことは進んでしま
うが、時間が経ったからその意見は聞けない、などのことはない。
・子連れで傍聴できるか
→児童及び乳幼児は、傍聴席に入ることができない。ただし、議長
の許可を得た場合は、この限りでない。
  参加者議会に託児所がある自治体もある。市役所本庁舎入口の
テレビで生中継している。そばにプレイスペースもある。
親子室などの設置も考えられるが、お金がかかることなので、
毎回利用者がいるようでないと難しい。
・ろうあの方が傍聴したい場合は通訳が付くのか
→前もって連絡しておけば大丈夫だと思う

などといった質問が出てきました。



後半の座談会では地域委員会のことを中心に、私たちが出来る事な
どについて意見交換が時間いっぱい繰り広げられました。

(以下抜粋)
・地域住民で構成される地域委員会とは、本来は住民の意見を吸い
上げ市政に訴える大きな権利を持つ機関である(添付資料参照:参
加者の方からの提供資料より抜粋)が、現在は単なるイベントやボ
ランティアを仕切る会になっているので。ぜひ本来の役割を果たせ
るよう活用してほしい
・何人か同じ意見の人が地域委員になって主張し続ければ少しずつ
変わっていくかもしれない。
・地域委員になって、「なぜ、地域委員会は条例通りの本来の役割
を果たしていないのか」という素朴な疑問を、とにかくたくさん発
信する
・地域委員会を条例通り運営するように請願書を出す

などの意見が出ました。


以下は今回の時間を通して出てきた”私たちに出来ること”です。


・広報や議会だよりを読む
・情報をSNSなどで発信する

・議会の傍聴に行く
・市長に手紙を出す
・自分なりに北杜市の未来像を描く
・議員に会ってみる
・地域委員会に入る
・選挙に立候補する
・パブリックコメントを出す
・市民の声を聞く場を設ける
・会派で、意見交換会を開く


以上、盛りだくさんの2時間半となりました。

------------------------------------------------------------

栗谷さんたちの親しみやすい人柄や、分かりやすいレクチャーで、
参加者の皆さまが、議会のこと、市政のこと、少しでも身近に感じ
られるようになったら嬉しいです。
また、既に市政に詳しい先輩参加者の方々のアドバイスも頂き、子
育て中のママたちも市政に参加していく勇気をもらえたのではない
でしょうか。

おいしいコーヒーとお茶を入れてくださった、くらまな倶楽部の皆
さま、豪華なおやつを差し入れてくださった皆さま、ありがとうご
ざいました。おいしいものは人の心をつなげてくれますね。

また、今回は聴覚障害の方のための手話通訳を実現することができ、
参加者の皆さまからも、たくさんの通訳費カンパを頂きました。
重ねて御礼申し上げます。

今回、アンケートなどをとることができませんでしたが、参加者の
皆さまから感想やご意見、今後の活動への要望などいただけたら嬉
しいです。下記アドレスまで、よろしくお願いします。
child.hkt@gmail.com


以下は栗谷真吾さんのブログです。
こちらもぜひ日々の参考にしてみてください。
http://enza100000.blogspot.jp/

DSC_2061.jpg

DSC_2063.jpg










20 : 56 : 25 | 活動報告 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
福島を知る 鑑賞会
2017 / 02 / 13 ( Mon )
福島を知る“観賞会”に多くの方に参加いただきありがとうございました。

福島で復興を願い活動してる方、(塾の講師・農家の方・産婦人科の医師・行方不明の息子を捜索するお父さん)
を取材した番組を、みなさんで鑑賞し否定や批判することなく、福島の現状を理解した上で、
私たちに何ができるかを考える機会になりました。

最後に鑑賞した津波で行方不明になった息子を、今も探し続けている,お父さんの言葉が
私たちに一番大切ではないかと思います。

「生きているからできることがある。
生きている人しかできないことを続けていきたい。」




16587023_1279928658760869_4309621525577928071_o.jpg
20 : 37 : 40 | 活動報告 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
投票にいこうよフェス?
2016 / 07 / 10 ( Sun )
7月9日道の駅はくしゅうの“選挙にいこうよフェス”
お疲れさまでした。

奇跡的に雨がほぼ止んでいて、人出も結構多く、とっても楽しいス
タンディングになりました~!

美味しいコーヒーあり、ケーキあり、ヤギあり、犬あり、映像に歌
に風船、お絵かきコーナー・・・こんな楽しい企画ならまたやりたい!と思いました。

「大切な選挙なんだよ」「子どもたちのために、未来のために投票
に行こうよ」という想いを、短い時間でしたが、伝えられたかなと思います。

まずは、一人一人が未来を思い描くこと、描いた未来を実現させるために行動する事。
行動したことによって、私達が思い描いた未来が少し実現に近くなったのでは。

行動したことにより、明日は一人でも二人でも
投票に行かないと決めていた人が投票に行くことがあれば、意味のある行動だったと感じます。

一緒に企画してくださった「選挙フェス」の皆さま、ありがとうございました!!





P7090021.jpg



P7090023.jpg



13626484_1071313939622343_5695133905566254003_n.jpg




16 : 54 : 19 | 活動報告 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>