スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
3月の茶話会のお知らせ
2018 / 02 / 27 ( Tue )
皆さま


早いもので、今年度も終わりが近づいてきました。
卒業・入学の春も間近、そして忘れられない3.11も間近です。

さて、11月、1月とお休みしてしまった茶話会ですが、3月は行ないたいと思います。

昨年12月の天野秀昭氏の講演会に、都合で来られなかった方も多かったようですので、
当日撮影したDVDを鑑賞する機会とさせて頂きました。

子育て中の方はもちろん、子どもと関わるお仕事やボランティアを
されている皆様にもぜひ!聞いていただきたいお話です。

------------------------------------------------------------
チャイルドほくと3月の茶話会(天野秀昭氏講演会DVD鑑賞会)

日時:3月6日(火)13:00~16:00
場所:たんぽぽ食堂(甲陽病院そば)

https://www.facebook.com/Community-Cafe-%E3%81%9F%E3%82%93%E3%81%BD%E3%81%BD%E9%A3%9F%E5%A0%82-1271318476230174/
参加費:300円(お茶とおやつ付き)

昨年12月に行なった天野秀昭氏講演会「子どもの根っこは“遊び”で育つ」のDVDを鑑賞し、
時間が許す限り、講演について、遊育や今後の広がりについてなど、
おしゃべりの時間も設けたいと思っています。

DVDの内容は、講演が約1時間半、質問タイムが40分程度です。
申込み不要。途中までの参加、お子様づれももちろんOKです。

★12月の講演を聞けなかった方、この機会をお見逃しなく!
------------------------------------------------------------

講演会アンケートでは
「涙が出そうになりました」
「子育てをもう一度やり直したい」
「これからに活かしていきたい」
といった声も頂きました。


たくさんの皆さまのご参加、お待ちしています!
スポンサーサイト
10 : 25 : 34 | イベント情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
“子どもの根っこは遊びで育つ”
2017 / 12 / 13 ( Wed )


天野秀昭氏 講演会
“子どもの根っこは遊びで育つ”「遊育(ゆういく)」

たくさんのみなさまに、北杜市長、北杜市議、校長先生の方にも参加いただき、
ありがとうございました。

裏方として子どもの遊び場と会場を出入りしてたので、天野さんのお話は
部分部分でしか聞けませんでしたが・・・

建前の話ではなく、本当の子どもにとって必要な「遊育(ゆういく)」を
話していただきました。

大人が子どもに遊びを与えるのではなく、子どもが自由に遊ぶことを見守る。

そして大切なのは大人の私達も、楽しく生きることを見せることにつきると思います。

みなさん、子どもたちに楽しく生きている姿を見せてますか?

子どもたちをどのような環境で育てるかは、大人の私達にかかっています。
今は、子どもたちを見守り手を差し伸べられるのは私たちです。

そんな子どもたちが成長して社会に出たら、今度は私たちが子どもたちに支えられながら生きていく事になります。

スタッフとして協力いただいた、みなさん、事前の打ち合わせから当日までありがとうございました。

24296624_1572092612877804_5488852110318455431_n (1)

子どもスペースからの様子。

24131447_1572092636211135_8816524673460810773_n.jpg

天野さんと手話通訳士


24176710_1572092682877797_5423358190581547769_n.jpg

子どもの遊びスペースの巨大風船?


24232294_1572092709544461_397083268080701553_n.jpg

巨大風船の中

18 : 02 : 31 | 活動報告 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
12月3日(日)天野秀昭氏講演会チラシできました!
2017 / 11 / 16 ( Thu )
12月3日(日)天野秀昭氏講演会のチラシができました!

北杜市内外の図書館、公共施設、お店などで配布します。
見かけたらお手にとって、ぜひお友達を誘ってご参加下さい!

天野先生講演会チラシ表

天野先生講演会チラシ裏


02 : 31 : 56 | イベント情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
12月3日(日)天野秀昭氏講演会のお知らせ
2017 / 11 / 13 ( Mon )
皆さま天野先生講演会チラシ表


チャイルドほくと企画イベントのお知らせです!

お子さま連れで参加しやすい工夫をしています。
ぜひお友達を誘って、ご参加下さい!!

----------------------------------------------------------

天野秀昭氏(日本冒険遊び場づくり協会 理事)講演会
『子どもの根っこは遊びで育つ』 ~子どもにとって「遊び」は「魂の活動」~


日時:2017年12月3日(日)14:00~16:30(開場13:30)
場所:大泉総合会館 2F 大ホール
参加費:500円(高校生以下 無料) 申込み不要


※お子様と一緒に聞いていただけます(親子スペースあります)
※隣接会場(いずみ木然館)にて【子どもの遊び場】やります
(保護者と離れられるお子様対象・要申込み・100円・下記参照)
※駐車場の数に限りがあります。なるべく乗り合わせてお越しくだ
さい。

子どもの育ちにとって本当に大切なものは?
遊育(ゆういく)とは?
子育て中のお母さん、お父さんだけでなく、保育園、学校、塾、ス
ポーツ教室の先生、保育士を目指す学生さん、子どもたちを見守る
地域の方など、子どもにかかわるすべての人と考えたい・・・


問合せ:子どもの未来を考える会・北杜(チャイルドほくと)
メール child.hkt@gmail.com 電話 090-9670-7549(野々村)

協力/ほくと遊びの森をつくる会
http://hokutoasobi.blogspot.jp/

後援/北杜市

------------------------------------------------------------

講師 プロフィール 天野 秀昭(あまのひであき)


大正大学人間学部人間環境学科特命教授
NPO 法人『日本冒険遊び場づくり協会』理事

1958 年、東京生まれ。
大学時代、自閉症児との出会いをきっかけに「遊びの世界」の奥深
さを実感する。1981 年、日本初の民官協働による冒険遊び場『羽
根木プレーパーク』で初めての有給プレーリーダーを務める。
子どもが自由に遊べる場の開設に携わるとともに、遊びの価値の普
及活動を精力的に行なっている。日本で初めての子ども専用の相談
電話「チャイルドライン」の開設・普及にも携わってきた。
http://oyamana.com/interview/amanohideaki01/

-----------------------------------------------------------

【子どもの遊び場】※要申込み
14:00頃~講演終了まで(受付開始13:30~)


お母さんから離れられるお子さんは、総合会館お隣の いずみ木然
館 にて、新聞紙の巨大ドームづくりなどを楽しんでいただくこと
ができます! (協力/ほくと遊びの森をつくる会)


対 象:保護者の方と離れられるお子様
参加費:100円(おやつ付き)飲み物は、各自ご持参下さい
※食物アレルギーがあるお子様は、おやつをご持参下さい
場 所:いずみ木然館(講演会場より徒歩1分)
申込み:090-3909-3577(林)・090-3538-1414(徳永) child.hkt@gmail.com

※人数に限りがありますので、お早めにお申込み下さい。 (定員に余裕がある場合は、当日申込みも可能です)
※当日は13:45 までに受付をお済ませ下さい。

------------------------------------------------------------

子どもは遊ぶのがあたりまえ!?
でも「遊び」って、子どもにとってどんな意味があるのかな?

天野さんのお話を聞けば、きっと「へぇ~!?」と思うはず。

あたりまえだと思っていた「遊び」は、実は脳や心を育てる時間だった!?
周りの大人は何をしてあげられるの?

ふだん子どもと接している皆さんに、これから子育てする皆さんに、
ぜひ聞いていもらいたいです!!


ご来場お待ちしてま~す!\(^o^)/
07 : 27 : 06 | イベント情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
第二回 大人も子供も議論しよう!
2017 / 10 / 05 ( Thu )
第二回 「大人も子供も議論しよう!」
日時 10月22日(日) Am10:00~12:30
場所  長坂町農村環境改善センター・講座室
持ち物・筆記用具 こっそり飲み物?
対象 小学4年生~中学2年生くらい(おおまかな範囲です!)
テーマ 人口問題を考える
連絡先 松田 俊介 080-1136-7401  e-mail jigobou@eos.ocn.ne.jp
(事前に参加人数を確認したいので上記連絡先に連絡をよろしくお願いいたします)

 秋深まるこの時期・・私事ですが20年以上小中学生のスポーツでのコーチをしていて、日本の子供たちは「敏感に社会の雰囲気やその場の空気を読む感覚は敏感でナーバス」なのに「自分が思い考えていることを相手に論理的に伝える」または「他者が何を言わんとするかを正確に聞き取る」ことに関しては、その力量が残念ながら乏しいと感じてきました。                 
そこで、小学校4年生ぐらいから中学2年生くらいまでを中心とした子供たちの議論会を開けないかと考えていました。

 初回は実験的に「正義って?」という内容で、ちょっと哲学的な内容に参加者が話し合い、最後にプレゼンテーションして終わる形で行いました。(予想外に?熱い議論が行われ!!)
 今回の議論は第一回の「正義って?」を話し合った結果。「正義」は争いの原因になることも・・と発表があり、では争いはなぜ起こるのか?の疑問から「地球上で起こる争いの大きな原因と考えられる、人口爆発(人口の急増)」も大きな問題!では「それを解決するために人口減を考える」がメインテーマとなりました!大人でも議論必至!

             ここで大切なのはなぜ討論でなく議論なのか?
ようやく文科省もアクティブラーニングなどと銘打って生徒自ら思考し発表するスタイルの授業を無理に押し込み?そんな授業が始まりますが、アメリカ型を代表とするディべート(討論)では、自分の論理の正当性を示し、いかに相手より優位に自分の理屈を通すかが重視されます・・・・これでは、今起こっている世界の状況は何一つ改善しませんよね。

 北欧では基本的に、討論ではなく議論、つまり相手の立場や主張をしっかり受け止め、自己の主張を論理的に説明しつつ、折り合わない箇所は共に考え、うまくいかなければまた考え話し合う、このようなプロセスをベースに進めるため、より多方面に感受性と共感力や未来への想像力が必要になり、また複雑な内容を論理的に分かりやすく相手に伝える力が求められます。(北欧がベスト!などと考えていませんが、一つの方法として見習うに価値ある教育がなされていると感じています!)



P6260025.jpg
23 : 03 : 44 | イベント情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。